中国書跡・中国絵画のコレクションを展観する三重県四日市の美術館です

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

澄懐堂美術館HOMEHOME澄懐堂美術館概要澄懐堂美術館概要展覧会展覧会イベント情報イベント情報澄懐堂美術館コレクション澄懐堂美術館コレクション展示会解説書友の会友の会利用案内利用案内澄懐堂美術館アクセス・地図澄懐堂美術館アクセス・地図


コレクション





李成「喬松平遠図」



∴画像をクリックすると拡大表示

作品名:喬松平遠図(きょうしょうへいえんず)
作 者:李成(りせい)【919-967】
形 状:軸
形 質:絹本墨画
法 量:205.6×126.1cm

■解説
李成は五代北宋山水画の第一人者に挙げられ、煙林平遠もしくは寒林平遠と呼ばれる山水様式を創始した。本図も典型的な煙林平遠の構図形式をなすもので、左側に松樹を極端に大写しし、右側は空間を開いて眼下に広がる黄土平原を平遠的にとらえている。必ずしも「千里の遠」の表現に成功しているとはいえないが、現在伝世する李成の作品中最も注目に値する作品である。

≪中国絵画≫

≪中国書蹟≫

≪文房具・その他≫